先に攻める、と書いて先攻と読みます。ところが、サイファでは先攻1ターン目に攻撃できません。多くの場合、「先に攻撃する」のは後攻です。手札が1枚多いことも含め、攻めの主導権は後攻側にあると思います。

サイファの先攻は、むしろ"先守"です。主人公の後衛下げやCCを先に行える確率が高いので、オーブを守りやすいという特長があります。

僕は攻めるデッキが好きなので、後攻の方が得意です。それでも、先攻を取れた時には思わず安堵してしまいます。これは「相手に"先守"される」という懸念が取り除かれることに由来しているのかもしれません。