へその岩

東京でサイファとポケカやってます。 "Seriously, play more supports."

2015年02月

2015-02-24-1

「ドンファン」を用いて川柳を作れ

見出しのように言われた場合、ドンファンは何拍の言葉として用いるべきか? 答えは「4拍」です。これは多くの人が思い浮かべる通りかと思います。

「拍」は「モーラ」とも呼びます。モーラ(Mora)というのは音韻を考える上での単位です。例えば、ドンファンという単語は音声としては2音節、文字としては5文字ですが、川柳を作る際には4モーラという数え方をします。

ポケカとモーラ

ポケカでも、一部のルールやテキストはモーラと関連しています。

BWシリーズでは「アララギ博士」のドロー枚数とモーラは共に7で一致し、「チェレン」の場合は3で一致します。他にも、対戦準備の手札枚数は「ポケモンカード」の7モーラを口に出すことで覚えやすくなります。同様に、置くべきサイドの枚数は「スタンダード」の6モーラ、「ハーフ」の3モーラにそれぞれ対応しています。

このように、BWは山札操作で言葉遊びのしやすいシリーズでした。続くXYシリーズでもアララギ、チェレンと全く同じ機能を持つ別名のカードが登場しましたが、モーラによる遊びは一部再現できなくなりました。

Nのロジック

モーラとは無関係ですが、BWシリーズのドロー手段を語る上で欠くべからざる「N」のカードにも小ネタを探すことができます。
2015-02-24-2
彼は自然数(Natural number)がモチーフのキャラクターであるためか、互いのプレイヤーに必ずn枚引かせるテキストを持ちます。0ドローにはなり得ません。彼と同じ組織の中枢を担う「アクロマ」や「ゲーチス」のカードにはない特徴です。
参考:
  • 増田部長のめざめるパワー
    (http://www.gamefreak.co.jp/blog/dir/?p=539)
Nのキャラクター設定とルール文章を関連づける要素は他にもあります。具体的には、
  • 悪の結社「プラズマ団」の中核という立場は、過去の同型カード「ロケット団の幹部」に類似
  • 相手の手札に干渉する効果内容は「ポケモンを人の"手"から解放せよ」という彼の理念に沿う
等が挙げられます。以上はいずれも単なる想像に過ぎませんが、制作側のデザイン意図に重なる部分があれば嬉しいですね。

2015-02-23
経験はミスを防いだり、招いたりします。今回はゲーム外での話ですが……

キャリアの長いプレイヤーにありがちなミスの1つが、デッキレシピ上の「アララギはかせ」という表記。これはカード名としては誤りで、正しくは「アララギ博士」です。ポケモン世界には何人もの博士が登場しますが、従来のカード名では全て平仮名の「はかせ」が使われていたので、それが混同の原因になっています。

なぜ漢字になったのか? というと、恐らく同時期にゲーム版のポケモン世界で漢字表記が始まったことが理由になると思います。それが後発の「プラターヌ博士」や「オダマキ博士の観察」にも継がれています。ちなみに、過去には「オダマキはかせ」というカードも存在したので、彼を漢字で書くのに違和感がある人も居るかもしれません。

古い「はかせ」と新しい「博士」。僕はネット上で「アララギはかせ」の入ったレシピを見かける度に、多少もやっとしながらも、「この人は昔からポケカが好きなんだなあ」と勝手に思いを馳せ、一方的に嬉しくなっていたりします。

2015-02-22
東京都杉並区の「おーす!みらいのチャンピオン!杯」で9時30分のトーナメントに参加しました。

概要

  • 参加費:500円
  • 形式:スイスドロー
  • 構築:BW-XY5スタンダード
  • 人数:85名
  • 使用:ビリゲノ

試合結果

  1. アギロット。先攻6-2◯。後攻じゃラボキュウコンにハマる展開だったのでラッキー。
  2. イベルタル。後攻4-6×。綺麗に先行されてラストNも握れず。
  3. クロバット。後攻2-6×。先3でクロバット3匹噛んできた。
  4. ガマダスト。後攻6-0◯。相手のクラハン全部裏。
  5. シビレック。後攻2-6×。シラス倒す暇なんて無い。
  6. シビレック。後攻0-3×。何回N投げ合っても超ポケモンしか出せない。
というわけで、2勝4敗で安定の圏外。成績の上向く要因はあまり無かったので、妥当な感じです。今回の優勝デッキはイベルタルでした。

僕の使用デッキは次の通りです。

デッキレシピ

BW-XY5
ポケモン11枚
枚数名前収録コメント
4ビリジオンEXBW9
3ゲノセクトEXBW9
1デデンネXY3
1ジラーチEXBW9
1デオキシスEXBW8
1バリヤードBW8機能しなかった。
トレーナーズ36枚
枚数名前分類コメント
4Nサポート
4プラターヌ博士
4フウロ4は多い。
1アクロマ
1フラダリ
1ダークトリニティ
4ハイパーボールグッズ
AGブースター
3ちからのハチマキ
3バトルサーチャー
2アクロママシーン
2エネルギーつけかえ
2すごいつりざお
1ツールスクラッパー機能しなかった。
3スカイアローブリッジスタジアム
エネルギー13枚
枚数名前分類コメント
9基本草エネルギー基本
4プラズマエネルギー

感想

改造ハンマーでダメージ減らしていく必要がありそうでした。そうでもしないと、エネルギー付け替えるタイミングを作りづらいです。後攻では尚更。近頃、除去札を軽視しがちになっていて良くないです。原因は、恐らく正面ワンパン構築の使いすぎ。

それはそうとして、今回はXY5のカードを使っていません。結果として、保守に走ったツケを支払わされたようなスコアが残りました。デッキの特性と色は強いけど、それ以外は良い所なしです。また、ビリゲノ自体、ここらが止め時かなーと考えています。ただでさえスピード勝負に後れを取っている上に、XY6のMレックがデカイ速いで歯が立つように見えません。

ビリゲノには長らくお世話になりました。RRだらけでお高いけれど、想定より長く遊べて思い出もいっぱい貰いました。特にゲノセクトってポケモンが好きです。種族の設定から想起される無機質さよりも、歯並びとか目つきに伺えるポケモン的な愛嬌の方が印象深いです。

あー。切ないなあ。

このページのトップヘ