へその岩

東京でサイファとポケカやってます。 "Seriously, play more supports."

2014-09-09
池袋のイエローサブマリンで19時30分の殿堂バトルに参加しました。

概要

  • 参加費:300円
  • 形式:スイスドロー
  • 構築:DP-XY3スタンダード(殿堂レギュレーションver.3.0)
  • 人数:10名
  • 使用:ゲノセクト

試合結果

1戦目は呪いの影×ハンマーヘッドで、相手の引きが噛み合わず6-3勝ち。2試合目はドロンダストで、ほぼ勝ち目の無いマッチアップにも係わらず、相手の驚異的な引き弱に助けられ1-0勝ち。3試合目はボスゴドラでしたが、序盤から時空をしつこく割って山札破壊を防ぎ、用心棒のフワライドを倒して6-0勝ち。

1位プライズの殿堂の書を賭けた最終戦はプラズマ団を相手にしましたが、序盤のキュレムにサイド差を付けられ、苦戦を強いられます。決定打に欠く中、似顔絵を絡めたN+レッドシグナルを繰り返して相手のエネルギーロスを狙ってみますが、これも上手く決まらず4-6負け。

というわけで、今回の優勝デッキはろむざーどさんのプラズマ団。

僕の使用デッキは次の通りです。

デッキレシピ

DP-XY3(殿堂レギュレーションver.3.0)
ポケモン11枚
枚数名前収録コメント
3ゲノセクトEXBW9レッドシグナル、
メガロキャノン
2セレビィL3もりのいぶき
2ビリジオンEXBW9わかくさのかぜ、
エメラルドスラッシュ
2アンノーン[Q]DP4QUICK
2ドーブルL2にがおえ
トレーナーズ36枚
枚数名前分類コメント
4アララギ博士サポートドロー
4Nドロー
4ハマナのリサーチサーチ
3アクロマドロー
2フウロサーチ
4ポケモンいれかえグッズ
3ちからのハチマキ
2ジャンクアーム★★★★
2ツールスクラッパー
2デュアルボールサーチ
2夜のメンテナンス
1ゴージャスボールサーチ
1Gブースター
2スカイアローブリッジスタジアム
エネルギー13枚
枚数名前分類コメント
9基本草エネルギー基本
4プラズマエネルギー特殊

使用動機

久々にドーブルL2が使いたかったので、今日は草単を選択しました。

というのも、ドーブルを活発に動かすために役立つポケモンいれかえを大量に積む場合、グッズを封じるカードへの対処が必要となります。このデッキではゲノセクトEXがその役割を担っていて、草弱点のガマゲロゲEXをメガロキャノン1発で撃破したり、バトル場でしか作用しないミカルゲPt4をレッドシグナルで後方へ送ったりしてくれます。

普段はメインポケモンを動かすために周囲のポケモンを選定しますが、今回行ったのはその逆でした。とは言え、スカイアローセレビィの構築に事故ケア要員としてドーブルが入るのはごく自然で、仮に中心部から考えたとしても出来上がりに大した差は無さそうです。

BW以降の環境ではピーピング系のカードが流行っていないせいか、ドーブルL2の能力は概ね嫌がってもらえたので愉快でした。

2014-08-31
東京都杉並区の「おーす!みらいのチャンピオン!杯」で9時30分のトーナメントに参加しました。(写真は運営卓に飾ってあったWCS2014上位トロフィーです。凄い!)

概要

  • 参加費:500円
  • 形式:スイスドロー
  • 構築:BW-XY3スタンダード
  • 人数:90名
  • 使用:サザンイベル

試合結果

1回戦はフレフワンで、悪抵抗を失念して4-6負け。2回戦もフレフワンですが、今度は相手のサポが止まって6-0勝ち。3回戦の相手もサポが止まってしまい、ルギアEXを相手に6-0で勝ち。次のイベルダストも初動でエネが付かず6-0で勝ち。

予選通過を賭けた5回戦は闘単が相手。先攻1tNでボールもポケモンも引かず、逆にクソハンドを抜け出した相手のスカッドジャブでモノズにダメカンが6個乗ってポケモン切れで終了。

トータル3勝2敗で、首位争いには何ら食い込めず無念。トーナメントを制したデッキはイベルダストだったそうです。

なお、今回は僕の使用デッキレシピは掲載しません。

というのも、今回は自宅にデッキを忘れてしまい、急遽みれさんから借りた構築で出場したためです。後日掲載の許可は下りているので、その内公開します。普段イベルタルEXを鉄砲玉のように酷使しているせいか、粘れるモードのイベルタルEXはなかなか新鮮で、動かしていて愉快なデッキでした。ありがとうございました。

デッキ観測

大雑把ですが、「草、カエンジシ、闘、悪、フレフワン」と「その他」で8:2くらいの分布かと思いました。

次回のみらチャンはXY4環境。まずは、きちんと自分のデッキで参加できるように頑張ります。

2014-08-22
秋葉原のななはちやで19時30分のジムリーダー決定戦に参加しました。

概要

  • 参加費:300円
  • 形式:シングルエリミネーション
  • 構築:BW-XY3スタンダード
  • 人数:16人(37名から抽選)
  • 使用:イベルダスト

試合結果

全部で4回戦でしたが、記録を取っていなかったので詳細を書けません。記憶の限りでは、1,2,3回戦は悪と当たり、決勝となる4回戦はガブリアスとの試合でした。どの試合でもドロソが過不足無く引けたので、ラッキーな日でした。

というわけで、今回の優勝デッキは僕のイベルダスト。

内容は次の通りです。

デッキレシピ

BW-XY3
ポケモン12枚
枚数名前収録コメント
3イベルタルEXXY1
2ダストダスEBB
2ヤブクロンEBB
2イベルタルY30
2ダークライEXEBB
1ケルディオEXEBB
トレーナーズ36枚
枚数名前分類コメント
4Nサポート
4プラターヌ博士
3ベル
2アクロマ
2フラダリ
4ダークパッチグッズ
4どくさいみん光線
4ハイパーボール
3かるいし
3ちからのハチマキ
1はかせのてがみ
1パソコン通信
1タチワキシティジムスタジアム
エネルギー12枚
枚数名前分類コメント
8基本悪エネルギー基本
4ダブル無色エネルギー特殊

大まかな説明は前々回の記事に載せています。前回からの変更点は1枚。基本悪エネルギーをはかせのてがみに変えました。

今日の対戦では一度もブルブルパンチ、ゲーチス、森の呪い等のグッズキラーを使われなかったので、結果的には良い変更でした。2ディスカード要求のグッズが5枚も入っているので、引いてきたエネルギーを持て余すことは比較的少ないと思います。

「強いデッキを使う」

念願のジムリーダー決定戦優勝。XY2の発売後より、「強いデッキを使う」という方針のもと、シビレックの後釜として何となく使っていたイベルダストですが、5ヶ月目にしてようやく嬉しい結果が返ってきました。

正確には、強いアーキタイプの弱いデッキレシピをこつこつ育ててきた、ということになります。僕は色んなデッキを組むのが趣味ですが、たまにはこうして1つの構築を使い込むのも悪くないものです。

デッキはいつかレギュ落ちしますが、腕や経験は違います。そういった意味でも今晩の成果には元気付けられました。ありがとうイベルタル。

2014-08-21noni
秋葉原のななはちやで19時30分のジムバトルに参加しました。

概要

  • 参加費:300円
  • 形式:スイスドロー
  • 構築:BW-XY3スタンダード
  • 人数:10人
  • 使用:イベルダスト

試合結果

1戦目はカメケルで、キュレムとゼニガメを順番に倒して6-0で勝ち。2戦目の対闘は、相手の確認ミスに助けられて6-3で勝ち。

3戦目の相手も闘。先攻2tでダークライEXが沈んでサイド先行されますが、返しで5エネイベルがハチマキ付けて殴って同点。これが奏功してサイド6-5の勝利。こちらは初手プラターヌでフラダリ2枚を失っていたので、序盤できちんと挽回できてよかったです。

というわけで、今回の優勝デッキは僕のイベルダスト。

内容は次の通りです。

デッキレシピ

BW-XY3
ポケモン12枚
枚数名前収録コメント
3イベルタルEXXY1火力
2ダストダスEBB
2ヤブクロンEBB
2イベルタルX30
2ダークライEXEBB火力
1ケルディオEXEBB
トレーナーズ35枚
枚数名前分類コメント
4Nサポート
4プラターヌ博士
3ベル
2アクロマ
2フラダリ火力
4ダークパッチグッズ火力
4どくさいみん光線火力
4ハイパーボール
3かるいし
3ちからのハチマキ火力
1パソコン通信
1タチワキシティジムスタジアム火力
エネルギー13枚
枚数名前分類コメント
9基本悪エネルギー基本
4ダブル無色エネルギー特殊火力

前回からの変更点は1枚だけです。デッキの概要はリンク先参照。

ヤブクロンについて

BWから最新までのカードプールには全部で6種類のヤブクロンが存在しますが、このデッキではEBBのものを使用しています。HPが高いとかワザのダメージが大きいとか、それらしい理由もありますが、最も重要な採用理由はイラストレーターです。

偶然かもしれませんが、ヤブクロンEBBのイラストレーターであるkawayoo氏はダストダスBW5の絵柄も手がけていて、僕はこの微妙な共通要素に惹かれました。なので、ダストダスはBW5版、ヤブクロンはEBBのミラー版を使用しています。(ただし、レシピは最新の収録セットに基づいて書いています)

2014-07-26
町田のフルコンプで12時のジムリーダー決定戦に参加しました。

概要

  • 参加費:200円
  • 形式:スイスドロー
  • 構築:BW-XY3スタンダード
  • 人数:7人
  • 使用:イベルダスト

試合結果

1戦目は悪のミラーマッチで、眠りが効いて6-1で勝ち。2戦目はカエンジシ+ガマゲロゲEX+シンボラーとかいうロック三昧の構築と檄を交え、眠りが効いて6-3で勝ち。

メダルを賭けた最終ラウンドの3戦目も悪のミラーマッチでしたが、相手のゲロゲEXが曲者でした。ブルブル数発からのNで山を固められ、4-4取り合った終盤戦はデスウィング同士の睨み合いに。先にイビルで動いたこちらがハチマキイビルでカウンターされて5-6負け。相手が試合巧者でした。

というわけで、今回の優勝デッキはH氏のイベルダスト。

僕の使用デッキは次の通りです。

デッキレシピ

BW-XY3
ポケモン13枚
枚数名前収録コメント
4イベルタルEXXY1主砲
2イベルタルY30
2ダークライEXEBB副砲
2ダストダスEBB
2ヤブクロンEBB
1ケルディオEXEBB
トレーナーズ35枚
枚数名前分類コメント
4Nサポートドロー
4プラターヌ博士ドロー
3ベルドロー
2アクロマドロー
2フラダリ
4ダークパッチグッズ
4どくさいみん光線
4ハイパーボールサーチ
3かるいし
3ちからのハチマキ
1パソコン通信サーチ
1タチワキシティジムスタジアム
エネルギー12枚
枚数名前分類コメント
8基本悪エネルギー基本
4ダブル無色エネルギー特殊

今回は「イベルダスト」、すなわち「ダストオキシンで相手の動きをセーブしながらイビルボールと諸々の火力で圧殺する」という、流行のアーキタイプを使用しました。メインパーツ周辺のマヒ眠り耐性が薄いため、ケルディオEXをタッチしています。「駆けつける」はダストオキシンと併用できませんが、闇の衣や軽石とのシナジーはお墨付きです。

イベル4積みの感想

今日のチューンではイベルタルEXを4枚突っ込んでみましたが、これはしっくり来ませんでした。序盤に引いてニコタマとハチマキの置き場を作る点では役に立ちますが、それ以外は満タンの薬の下位パーツという印象です。ハチマキ3枚ではイベル4匹に行き渡りませんが、満タンならハチマキごとイベルの再利用が狙えます。

ちなみに変更前はゲロゲでした。今日は敵陣のコイツが強くて参りました。もう一度使ってみようと思います。パッチこそ適用外ですが、イベル同様にニコタマとハチマキを与えて機能する点にも信頼が置けます。

不採用カードについて

このアーキタイプと相性の良いカードは多く、取捨選択に悩みました。今回は悪エネ指定関連、ドロー、サーチ、火力のいずれにも該当しないパーツの優先度を下げて、次のカード群は不採用としました。
  • ヤミラミ、改造ハンマー、エネルギーつけかえ、あなぬけのヒモ、ツールスクラッパー、アブソル、ミュウツーEX、はかせのてがみ、クリムガン……
手紙については悩みました。

夏場における1杯目のビール同様に、このゲームでの1枚目の手紙は申し分無い手札と言えます。圧縮、ハンドコスト調達、色事故ケア……と、多方面で有効に働きます。また、通常のエネルギーとは異なり、ベルのドロー枚数を増やすために空撃ちすることさえ可能です。基本エネルギーを1種8枚のみとするこの構築でも、手紙はとても便利に使えると考えています。複数枚目に関しては難しいかもしれませんが。

今回はガマゲロゲEXによるグッズロックの横行を鑑みて不採用としましたが、今後また採る可能性が最も高い1枚です。

このページのトップヘ