へその岩

東京でサイファとポケカやってます。 "Seriously, play more supports."

カテゴリ: FE0_ネタ

B07-001SR_SAMPLE

烈火を継ぐ勇者 エリウッド

第一印象

  • 上級職を支援するためのカード。
  • 歩く(≒飛行特効を受けず、強く殴れる)支援30。いや40。いや50。

派手な支援スキル

  • 上述の通り、戦局を左右する上級ユニットへの支援力が高い優秀なカード。ただし、序盤の戦闘には低支援を晒すのが欠点。
  • 2ターン目とそれ以降で2回のCCタイミングを持つ主人公に対しては、低リスク高リターンの支援カードとなる。反対に、低コストを並べて殴るタイプのデッキには加えづらい。
  • 基本的には4以上の出撃コストを持つ主人公の脇で扱い、支援力40以上を発揮したい。

場に出た時は

  • コスト5の射程1は小回りがきかない。特に相手の後衛を倒せないため、出撃タイミングを制限される。
  • STロイのような射程の長い主人公で使うことで、射程の負担は減る。
  • スキルはリバース2でコスト無視の出撃。
  • 支援エリアから手に入るため、カードを1枚引きつつ出しているようなもので、絆の変換効率としては良い部類に入る。
  • ただし、似た能力の『群の英雄』や『光と闇の炎刃』よりも結果にムラが出やすい。
  • 出撃コストの高さもあって脇でのスキル乱発は難しい。
  • 可能ならデッキトップ操作を他のカードで行って、コストの高いカードを狙って出撃させたい。とりわけ主人公がその手のスキルを持っていれば、手軽に済む。
  • デュランダルも優秀。

総合的には

  • 堂々たるSR。
  • 5-3主人公や、デッキトップ操作系のカードと分かりやすく連携できて面白いカード。

cardlist_P01-012_PR_new-thumb-240xauto-1181
初代FEのCMソングには次のような歌詞があります。
♪強い男に入れ込み過ぎて 周りの戦士はヘナチョコばかり
経験値を1人に集めすぎると、全体としては弱い軍勢になってしまう……という原作のゲームバランスを表現したものです。※
※ただし、入れ込み「過ぎ」ない適度な経験値集中は、むしろ最適戦略だったりします。

サイファでこれを感じるのは、強い男、すなわち「戦闘力の高い支援10の主人公CC」を8枚積んだ時ですね。主人公は安定して高い戦闘力を得られる代わりに、周りの戦闘勝率が低下します。僕は直近だとワユで経験しました。男じゃないけど。
強い主人公に入れ込み過ぎて 周りのユニットはヘナチョコばかり
  • 主人公CCの戦闘力
  • 仲間が受ける支援力
基本的にトレードオフとなっている上記2点のバランスは、要するに主役と仲間のバランスです。25年前のCMからも分かる通り、主役だけでなく全体で戦うのがFEなんですね。

そして、その方法論に展開しないまま記事を終えるのが当ブログ。まあ、それはそのうち。

image
サイファの対戦で負けて「運が悪い」と思った時、実は「別のものが悪い」可能性があります。

1.目が悪い

1つ目は入力の問題です。

例えば「初手6枚に主人公CCを引いたが、そうとは気づかずマリガンする」というミスは、実際に起きている事よりも不運なプレイ体験を招いてしまいます。

2.腕が悪い

2つ目は出力の問題です。

以下のような要因により妙手を打てない場合にも、不運を感じやすいはずです。
  • 自分の手札に揃ったコンボに気づけない
  • 自分の場にある打開策に気づけない
  • 相手の手筋が読めない
  • 相手の使うカードの仕様をよく知らない
これらは1.とは異なり、後から気づけます。自分で記憶を辿ったり、相手が指摘したりすれば、「運が悪い」以外の敗因を探ることに繋がります。

3.諦めが悪い

3つ目は気持ちの問題です。

敗因分析とは関係なく、悔しくて「運が悪い」と言ってしまうケースもあります。いわゆる「負け惜しみ」です。

まとめ

簡単に挙げてきましたが、不運の正体は他にもあるかもしれません。このエントリでは、僕の考えるポピュラーな正体を3通り示しただけです。

断っておくと、僕は「運が悪い」という考え方を否定するつもりはありません。むしろ、負けを運のせいにできるからこそ、TCGは楽しく続けられるのだと思っています。

けれども同時に、体感としての「運が悪い」を疑う、という行為も1種のゲーム外ゲームとして好きです。上達法としての意味もありますが、それ自体が楽しいと思っているからです。

皆さんは「運が悪い」ですか? それとも。

2016-07-18
今日はハールの気持ちを知るために、新宿御苑で昼寝をしてきました。

夏でも木陰って涼しいんですね……気持ち良すぎて2時間以上は芝生に寝そべってました。

これで明日から、もっと良いメダリオン使いになれそうです。

サイファニコ生のタイムシフトを確認しました。いつもながら大変楽しい内容でした。今後ヤングさんをイベントで見かけたら、戦士ウォークでにじり寄ってサジマジにサインをもらおうと思います。

あと、北西さんのいちご大福は、ちょっとしつこいと思いました。

それはそうとして、新カードの公開が多数ありました。追記に感想を載せておきます。
続きを読む

このページのトップヘ